私たちについて

養蜂場

私たちは信州・安曇野の豊かな自然の中で、健康なミツバチを育てています。
養蜂で得られる、貴重な「はちみつ」は自然そのもの。
熱を加えずゆっくり丁寧にろ過・充填し、ミツバチと花の恵みをそのままビンに詰めました。
安曇野

 

私たちの養蜂場は信州の北アルプスを望む高原にあります。
澄んだ空気と冷たい雪解け水がはぐくむ豊かな自然に囲まれ、春先は山肌が白く染まるほど沢山のアカシアや花々が咲き揃います。

 

あかしあ

 

私たちのはちみつは全て早朝の採蜜にしています。日中ミツバチがあつめた花蜜は夜の間に巣内で濃縮されます。
朝にだけ採れる完熟した「朝採りはちみつ」は格別のおいしさです。

 

採蜜

 

信州産の他にも、厳選した国産はちみつをとりそろえています。
咲いている花の種類や場所、時期によってはちみつの味も風味も異なります。「ミツバチセレクト」のバラエティに富んだはちみつとしてお楽しみください。

片倉と養蜂のつながり

富岡製糸場

 

1873(明治6)年に長野で製糸業をスタートした当社(片倉工業)は、当時日本の主力輸出品であった生糸の製造を行い、世界遺産の富岡製糸場を含めた国内外で製糸工場の運営をしてまいりました。

 

採蜜

 

良質な生糸のために蚕の研究を続け、長年培ってきた昆虫研究は、現在の養蜂へと受け継がれています。
健康なミツバチ達は、園芸農家向けに日本初の交配専用ミツバチとしても活躍しています。

 

片倉の国産はちみつ専門店
トップへ戻る≫
片倉工業株式会社
コーポレートサイトはこちら≫